かしぱん

菓子パン大好きな主婦のブログです。

はみでる板チョコメロンパン(ローソン)の板チョコが本当にめちゃくちゃはみ出ていて焼いて食べたらおいしかった。

 娘を学校に送った帰り道。時間は午前7時50分。

 何かおいしいもの買って帰りたいけど、まだどこも開店前。

 そんな時は、コンビニへGO!

 と、いうわけで、近所のローソンへ。

 そこで、ドキリ!!目が合ってしまった。“はみでる板チョコメロンパン”

 はみでる。。はみでてる。。。はみでまくっている。。。黒いメロンパンから板チョコが。。

 

 

甘そうでボリューム感ある外見

 一目惚れです。気にならないわけがない。好きにならないわけがない。ぜひ、お付き合いしたい。あなたの外見が、ドストライクなんです。こんな出会いはめったにない。運命なんです。

黒いごつごつとしたメロンパン。グラニュー糖かけ。分厚い板チョコが丸見え。

f:id:kasipandaisuki:20191107140043j:plain

 6個並んでる中から、上にかかっているグラニュー糖が一番白くカリカリしてそうなのを厳選し、購入しました。

f:id:kasipandaisuki:20191107134859j:plain

 さて、早速、家に帰って開封~♪

 こちらが、私に選ばれし“はみでる板チョコメロンパン”です。

 出てます。出てます。やっぱり、板チョコがっつりはみ出てます。

 約3㎜の厚さ。この迫力。期待、高まる。

断面も真っ黒。奥まで刺さった板チョコとホイップクリーム。

f:id:kasipandaisuki:20191107134910j:plain

 からの~ はさみで切断~♪

 早く食べたい焦りからか、うまく切れず、ボロボロに。

 こーいうのって、みんな、どーやってきれいに切ってるのかな。

 ザ☆失敗例。

 それはさておき、気を取り直して。。

 断面も、もちろん真っ黒!改めて、板チョコの大きさに驚き。

 ついに姿を現した、ホイップクリームに、さらにときめます。

いざ、実食。そのお味は。。(常温でいただく。)

f:id:kasipandaisuki:20191107134920j:plain

んーーーーーー。こ、これは!思ったよりも、ビターな味わい!!

 この板チョコ、準チョコと表記されていたにも関わらず、けっこうなカカオ感があります。厚さ約3㎜でかなりのボリューム感です。本日の室温18度くらいでいただくと、パリッという食感ではなく、ほどよい噛みごたえです。冷やしたらパリッとなりそうですが、それではパン生地がモサモサになりそうです。

 ホイップクリームの量は少なめで、全体をしっとり食べやすくする効果があり、適量だと思います。そんなに甘さがなく、チョコとパン生地の甘さがあるのでバランスがよいと思います。

 上のビスケットはサクサクで、グラニュー糖は期待を裏切らないパリパリ感と甘さです。

 パン生地はモソモソ系です。良くも悪くも、メロンパンによくある、「あ、このモソモソ感ね。」という気分になる安定のやつです。

1分間トースターでチンして、フォークとナイフでいただく幸せ。

 

f:id:kasipandaisuki:20191107134930j:plain

 ついに、ここにたどりつきました。タイトルにもした、トースターでチンしていただく幸せ。

 見て下さい。板チョコが、トローーーと。はみでた板チョコがとろーーーーと。

 パン生地が甘味を増して、上のビスケットがサクサクに。グラニュー糖が溶けた感じもたまりません。

 これを、フォークとナイフでパンケーキのようにいただきました。

 まさに、天国、至福のごちそうです。

 溶けてナイフについたチョコとホイップクリームを、パンに塗りつけて食べれば何か高級なものを食べているのかと錯覚すら覚えます。生地のモソモソ感を、トロトロのチョコとあったかいホイップクリームが見事にカバーしてくれます。

 アツアツのブラックコーヒーとよく合います。

 疲れた心と身体に染み込む、贅沢で激甘なご褒美。これでまた、新しい気持ちでがんばれる。そうだ。何でもできるんだ。

まとめ

今回わかった事は、フォークとナイフで食べてる写真を撮るのは難しい。手が足りない。撮ろうとしてる間にごちそうが冷める。早く食べたい。ということでした。

 次回、助手(小2娘)がいる時に、チンしてとろーーりと溶けたチョコをフォークで突き刺している写真にリベンジトライしてみたいと思います。

 超甘党にオススメ☆“はみでる板チョコメロンパン”リピート確定です。