かしぱん

菓子パン大好きな主婦のブログです。

山崎のスナックミニゴールドが50周年を迎えていた。

時々、無性に食べたくなる“ミニスナックゴールド”のお話です。

 

 

50周年を迎えた山崎のミニスナックゴールド。

f:id:kasipandaisuki:20191028104630j:plain

 近所のダイレックスで、ふと、目にとまった「50周年」の文字。

 50年も販売されているとは、知らなかったから驚きです。

 そういえば、子供の時から食べていた、ミニスナックゴールド。

 20代の頃、痩せててかわいくて性格もよく明るく人気者のモテる子が、このパンを食べながら、「私、これ大好き!」と言っているのを見て嫉妬したものです。私だって大好きだわい!と。(20年前の話。)

 それはさておき、この “山崎ミニスナックゴールド” は、1970年に発売が開始されたらしいのです。私が生まれる3年前か。。その歴史は、まさに、私の人生と共に歩んできた、と言っても過言ではないでしょう。

 私の人生の影に “山崎ミニスナックゴールド” が・・・

かなりのボリューム感なのに、なぜ「ミニ」なのか。

 誰もが一度は食べた経験があるであろう、このパン。「ミニスナックゴールド」というネーミングに疑問をもつ人は多いのではないでしょうか。

 天下の山崎様のホームページによると、“金メダル級の大ヒット”を願って“スナックゴールド”と名付けられたとの事です。フムフム。納得。お菓子金色か。

しかし。。直径約18㎝。このボリューム感。なのに、なぜ、“ミニ” なのか。。

わからない。。

その答えは ↓ ↓ ↓ 

 商品統一でボタンの掛け違い

 ことの発端は1968年までさかのぼります。関東地区で発売されたのは「スナックゴールド」でした。その後、関西地区では「スナックゴールド」を小さくした「ミニスナックゴールド」が発売されました。

 そして、1970年。関東と関西で統一の商品を発売することになりました。大きさは「スナックゴールド」のサイズが採用されましたが、商品名は「ミニスナックゴールド」に。ここでボタンの掛け違いが起きました。

「当時の資料が……」

 しかし、その肝心な理由について「当時の資料が残っていないため、わかっていません……」と担当者。社内の他の方にも聞いてもらいましたが、有力な説もないそうです。

ウィズニュースより引用

 なんだか。。

 仕事が雑だったんですね!

 理由がわかってスッキリしました!

2019年1月1日にリニューアル。

  今回、私が購入したミニスナックゴールドの袋に、ひときわ目を引く “バター風味アップ” の黄色のデザイン。元々、あんなにおいしいのに、さらにバター感がアップした?どんな味なのか。。気になる。。

 長い歴史をもつ “山崎ミニスナックゴールド” が、令和を迎える2019年の元旦にリニューアルされていたとは知りませんでした。

 またまた、山崎様のホームページによると、パン生地に“ルバン種”を使う事で、香ばしい風味と歯切れのよさが向上されたそうです。ルバン種。。ルバンシュ。。るばんたね。。。なんだかよくわからないけれど、おいしくなった。ということですね!

 実際、食べてみると。。。いつも通りおいしい。前のと食べ比べてみらんとわからん。という感想をもちました。

おいしい食べ方について。

f:id:kasipandaisuki:20191028104810j:plain

 食べ方については、以下2択のようです。

 ・ぐるぐるになっているところをバラして、長い棒のような形態にしていただく方法。(極めてお上品)

 ・何も考えず、とくかくかぶりつく方法。(普通)

 私の場合、迷わず、かぶりつくです。棒状にしてゆっくり楽しむのもいいですが、とにかく、ガブッといきたのです。

 家でいただく時は、トースターで焼いて食べます。アツアツになって溶けた白いシュガーがたまりません。甘味が増したように感じます。ふわっとサクッと感もアップします。香りもよいです。あーーーー。おいしい。

まとめ

 ミニスナックゴールドは、山崎製パンの全パン部門の中で、年間売上30位以内に毎年入っているそうです。

  60周年、70周年、80周年、90周年、100周年。。。1000周年。。私の孫のそのまた孫の、孫の、孫の、孫にも食べさせてやりたい。

 1個あたりのカロリー562kcal。そんな事は気にしない。

 人類の続く限り。日本人のおやつに。

 ミニスナックゴールド、フォーエバー。